脱毛サロン 背景



現在、日本の脱毛市場は1500億と言われています。

この数字からも日本女性のムダ毛に対する美意識は世界一と言われているのです。

ムダ毛の自己処理方法はカミソリ、クリーム、シェーバーなどがありますが、
これらの自己処理では時間がかかり、面倒で、肌が荒れたりすぐに生えてくる
などの諸問題が解消できず女性を悩ませてきました。
そのために、確実に処理効果が得られ、咲の問題も解決できるエステサロンでの脱毛が人気ですが
広く普及するのに今まで最大の障壁であったのが価格の問題。

エステサロンや医療脱毛のその効果と安全性もだんだんに認知されつつあり、潜在的な利用希望者も増えつつあるにもかかわらず今一つ普及が進まなかった理由にはやはり利用価格の高さがありました。

一度の施術だけでは完全な脱毛効果が得られないこともあり、何度も通うことで費用負担が重くなることは容易に想像できるということで、利用には二の足を踏む傾向にありましたし、なにより選択肢が少なかったことも挙げられます。

電気やニードル脱毛と言った苦痛を伴うイメージを払拭する、手軽な「ライト脱毛」の出現に伴い「ミュゼプラチナム」を始め「銀座カラー」「脱毛ラボ」「TBC」「エピレ」など大手の進出により価格競争が起こり
これらが多くの店舗を有することによって、同価格でどこでも同じサービスを受けられるということと、「ワキだけ」の脱毛をおためしという形で低価格で提供することを前面に押し出すことで、
今まで価格面で利用をあきらめていた潜在的な顧客層を取り込むことに成功し増した。

そしてその利用者が良かれ悪かれ評価をすることでサロン側も改善を重ねることによって進化し使いやすくなるという好循環が生まれ
認知度の幅も広がり、現在のように普及しています。

  • ミュゼプラチナムの予約のコツ、教えます(TOPページ)

  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります