医療脱毛


脱毛サロンの人気と利用者層のすそ野が広がるに従い、ここ数年で皮膚科や美容整形外科を中心に、医療機関も脱毛に乗り出すようになりその数も増え続けています。

医療機関はこれらのエステ脱毛に対し、効果の薄さや安全面などを指摘し批判的な態度を取ることで顧客の取り込みを図る傾向にあるようです。

対する脱毛サロン側は美容ケアであり病気の治療ではない、医師不足が叫ばれる中でムダ毛の処理を医療機関がするのはおかしいと反論しています。

このような主張に対し厚労省は脱毛ケアについては
「脱毛器で毛根及び皮脂腺開口部を破壊するのは医療行為」との見解を示しているため
エステ脱毛でトラブルがあり、消費者が警察に訴えた場合のみ医師法違反となり逮捕・裁判となります。

しかし、現状では脱毛専門サロンは黙認され、増加しています。

行政が消費者のニーズに応じて、エステサロンでのライト脱毛を安全に行うためのルール策定をすれば問題は解決するのではないかと思いますが、今の段階ではその動きは起こらないようです。

業界では個々に自主ルールを策定し、脱毛を施術するサロンに呼びかけています。

  • ミュゼプラチナムの予約のコツ、教えます(TOPページ)
  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります